NEWS

学校での授業が始まりました

6月1日(月)から学年グループ別での分散登校が始まり、学校での授業も開始されました。本校では、当分の間、登校日は学校で授業、自宅学習日はオンライン授業と2つの形式で学習を進めていきます。

児童は、毎日Google Meetで朝礼を行い、健康観察を行ってから登校します。

入口では、養護教諭がサーモグラフィーを使用して体温をチェックし、手指の消毒を済ませてから、指定のルートを通って教室に向かいます。

各クラスを2つに分けての登校ですが、教室は十分にソーシャルディスタンスを保てるように座席配置を工夫しました。

感染リスクを可能な限り減らすためには、子ども達の協力が必要です。校内は掲示をしたり、混み合う可能性のある場所には立ち位置のテープを貼ったりして、感染防止に対する意識を高めるための工夫をしています。

遊び場所が密にならないように、時間を区切って、25分間の休み時間を設けています。思いきり身体を動かしてお友達と一緒に遊ぶことは、子ども達にとって大切な時間です。

手洗いやうがいの励行、換気をしながらの冷房・扇風機の使用をはじめ、子ども達が安心して学習に取り組んだり、生活できるように配慮しています。