会食

十五夜について

  • 令和元年9月13日

皆さんは、「十五夜」とは、何の日か知っていますか?

十五夜は「満月」という意味の言葉で、秋の十五夜は、1年で最もきれいな満月を見ることができると言われています。秋に収穫された芋類(さつまいも・さといも)や、満月に見立てた月見団子をお供えしてお祝いします。旧暦の8月15日の満月が秋の十五夜とされており、今の暦で計算すると、今年は9月13日となります。会食では、さつまいもごはんと、月見大福を提供します。

本日もとても美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

【本日のメニュー】
鮭の塩麹焼き 和風サラダ(和風ドレ)
紅葉麩のすまし汁 月見大福
牛乳(高等学校は麦茶)

Page Top