学園長からのメッセージ

「感謝の心」をもとにして、みんなとなかよく元気よく
やさしい心を持つ子どもを育てます。

川村学園は、幼稚園から大学院までを擁する総合学園であり、2019年4月に創立95年を迎えました。創立者である川村文子先生は、関東大震災後の荒廃した社会・世相を我が国の非常の時ととらえ、その解決のためには女子教育の振興以外にはないと考え、大正13年に「川村女学院」を創立いたしました。

幼稚園は、子ども達にとって初めての集団生活の場であり、生涯にわたる人間形成の基礎を培う場でもあります。子ども達は幼稚園で多くの友だちと出会い、互いに認め合い支え合い、学び合って大きく成長していきます。

川村幼稚園は、一人ひとりの気持ちをしっかりと受け止めながら、子どもの幸せを願う親の心に寄り添う、家庭生活の延長線上にある幼稚園を目指しています。本人・家庭・園の三位一体の教育を心がけ、子ども達の心の安定をはかるとともに、個々の発達段階をよく見極めた援助をし、「生きる力」の基礎を作ります。子どもの「学び」は、「遊び」にあります。たくさん遊び、楽しい幼稚園生活を過ごしてほしいと思います。

学園長 川村正澄