建学の精神・教育目標

建学の精神

教育目標

小学校時代の6年間は、人間形成の基礎となるとても重要な時期です。
川村小学校では、「感謝の心」を大切にした「心の教育」に重点をおき、数多くの生きた体験を通して、人間味にあふれた発想で主体的に行動する力を身につけます。これからの社会に必要不可欠な「英語教育」「情報教育」に加え、学齢に応じたきめ細やかな学習で、自ら学び自ら考える力をきたえ、時と場合に応じた聡明な判断力と行動力を持ち合わせた、時代を支える女性の育成を目指します。

  • 生き生きとした子(やさしい心)

    生き生きとした子
    (やさしい心)

  • 健やかな子(じょうぶな体)

    健やかな子
    (じょうぶな体)

  • 自ら学び自ら考える子(かしこい頭)

    自ら学び自ら考える子
    (かしこい頭)

教育目標達成に向けた
取り組み

  • 一人ひとりが輝く学校

    一人ひとりが輝く学校

    一人ひとりの思いに寄り添い、個性を大切にそれぞれの違いを見つめて接するよう、心がけています。日々の出会い、生活しながら生きる手応えを感じられる場所として、児童全員がそれぞれに輝く学校になるよう努めていきます。

  • 笑顔が光る学校

    笑顔が光る学校

    「ありがとう」の言葉と気持ちを大切にし、その気持ちを言葉として伝えることや、目を見て話すことで、心と心が結びつくという人間関係の基礎を築きます。日々の挨拶を大事にし、笑顔が光る学校になるよう努めていきます。

  • やさしい心を育む学校

    やさしい心を育む学校

    通学班等での縦のつながりを大切にし、安心して生活できるように心がけ、上級生と下級生との思いやりを大事にしながら、一人ひとりのやさしい心を育む学校となるよう努めています。

  • 自ら学ぶ力を伸ばす学校

    自ら学ぶ力を伸ばす学校

    学習の基礎基本を大切にし、授業では、考える力をつけていく工夫を心がけています。学ぶことの楽しさを感じながら、自ら学ぶ力を伸ばす学校となるよう努めています。

Page Top