教科の学習

子どもの成長に
合わせた授業と
生活指導

低学年では主に学級担任制を、高学年においては、より専門的でわかりやすい授業を展開できるように教科担任制を導入しています。専門的な視野に基づいて効果的に指導するとともに、多くの教員が関わりながら、子ども達の自ら学ぶ意欲や態度、能力を育てます。

子どもの成長に合わせた授業と生活指導
授業体制
授業展開に工夫をこらし、時間内での理解を深めていきます。6限までの授業日を3年生は週3日、4~6年生は週5日設置し、そのほかに土曜日は月2回、4時間授業を実施しています。
複合授業
1~2年生の算数と英語で、クラスを半分に分けた少人数授業を行います。全ての児童と十分にコミュニケーションをとり、個々に応じた細やかな指導で、基礎的な力をしっかりと身につけます。

英語

将来、グローバルなコミュニケーションを図るための大切な基礎を作ります。

英語

英語力強化カリキュラム

英語授業を1・2年生は週2時間、3年生以上は週3時間行います。表のような学年配分でカリキュラムを遂行し、英語力強化のプロセスを積み上げていきます。教材のリスニングやリーディングの必要量を満たすために家庭学習も大切な役割をしていきます。

学年 目標 文法表現 テキスト内単語数
(重複除く)
1年 数(単数・複数)
前置詞
指示代名詞
  • How many Ns? There is/are.
  • What? It is. They are.
  • Who? He is. She is.
  • this, there, that, those
  • Where? on, in, under など
593語
2年 時間の概念
現在時制
過去・未来時制
  • When? in 月, on 月 日, in the 季節
  • What time? at/around 時刻
  • Will V1, 過去形
  • 命令文, howの用法, can V1 など
699語
3年 人称・格・数に伴う表現の相違を理解する
  • 代名詞
  • would like to V1
  • want to V1
  • be going to V1
  • if SV など
  • 不規則動詞の活用を段階を経て暗唱する
834語
4年 wh疑問文とその返答方法を整理し、理解を深める
  • whyとbecause
  • whose, which の用法
  • 進行形 be V4
  • on 曜日/on 曜日 s・from 時刻 to 時刻 など
1,209語
5年 単文における高度な表現を整理し、理解を深める
  • 三単元の肯定, 否定, 疑問
  • doesの用法
  • 過去形(規則・不規則)
  • how much UN
  • how+形容詞
  • 動名詞
  • 形容詞の比較級・最上級 など
1,315語
6年 重文・複文を作る
高度な表現を整理し、理解を深める
  • 受動態
  • to 不定詞
  • 関係代名詞・関係副詞
  • 直接話法・間接話法
  • 従位接続詞
  • 完了形 など
1,553語

6学年テキスト内 総単語数:31,841語、重複除く総単語数:3,041語、文法事項は英検3級

「聞く力」「話す力」を伸ばす

低学年はティームティーチングで音声面を重視して学びます。音、文字、語、文法などの言語要素がバランスよく含まれる教材をベースに、ネイティブスピーカーによる音声に浸ります。また少人数制にて「聞きたい」「答えたい」という意欲をかきたてる授業形態も取り入れています。

「読む力」「書く力」を伸ばす

3年生になると、ネイティブスピーカーによる授業を含め週3時間に増加します。1・2年生で必要な音声能力を身に付けているため、高度な内容の英語力を吸収していきます。大量のリスニング、リーディングの中で、大意を把握できるようにしていきます。個々の英文を文法的に精緻に解釈させるのではなく、大量の英文の流れの中で、単語や句を抽出し、組み立て、推測する力を伸ばしていきます。

英検対策講座

高度な内容の英語授業に加え、実用英語技能検定(英検)対策講座を土曜日午後と直前講座を3日間、年間約30回開講し、英検受験を奨励しています。小学校卒業までに英検3級取得が目標です。

国語

国語の基礎学力をしっかりつけることを一番の目標にし、正しく美しい日本語を身につけます。読書を通して、様々な思いや考えを知り、より多くの事象に触れ、自分の言葉で自由に表現する力を伸ばします。

国語

「読む力」

語彙を増やし、自己表現の素質を広げる …… 読書教育
プラスαの力を養うために、読書教育に力を入れています。朝の10分間読書を取り入れ、1年生から読書習慣を身につけ、本を好きになり、思考力を伸ばすことにつなげています。
ていねいに文章を読み取る …… 読書単元
ていねいに文章を読み取る力をつけるために、教科書単元に加えて、1冊の本から学ぶ読書単元を、各学年で設定しています。
豊かに感じ取る …… 読み聞かせ

絵本の読み聞かせを、週1回程度、授業の5~10分を利用して実施しています。

  • 聞く力(集中力)を育てる
  • 想像力を育てる
  • 言葉の感性を育てる
  • 読書の楽しさを伝える

「書く力」

  • 素直に表現する・・日記・作文指導・俳句作り
  • 美しく書く・・・・漢字指導・書写授業・書き初め大会(1、2年生は硬筆・3年生以上は毛筆)

「話す力」

  • 思いを伝える・・スピーチ・発表単元
  • 正しく伝える・・音読

算数

自ら学び、考え、問題を解く楽しさを感じ、筋道を立てて考える力を養います。

算数

少人数授業(1年生~3年生)

低学年では具体物を用いた学習を通して、数の意味や表し方について理解することを目標にしています。週1時間クラスを半分に分け、少人数による個々に対応したきめ細かい指導を行っています。

算数力を育む

算数では、いろいろな問題を解く喜びを味わい、いくつもの考え方を導き出すことで自信をつけていきます。
「世界算数」にも挑戦し、年齢にあわせた算数の力を伸ばしていきます。答えのない問題に対応できる思考力・発想力を高めるために必要な力を育てます。

算数セミナー

週2日、4年生以上を対象に、各学年習熟度別に分かれ、授業に沿った内容で学習を進めます。算数を通して、問題解決に向けて考える力、自分の意見をまとめ発表する力を身につけます。
小中高の教員が協力して指導にあたり、算数から数学へのスムーズな移行を目指します。

理科

理科教育においては、川村小学校独自の教育内容を追加・補充して指導にあたっています。蓼科での体験とその前後の予習・まとめ学習のほか、サケを卵から育て多摩川に放流したり、チョウを成虫になるまで飼育したりするなど、命を大切に思う心も育てます。

理科

自然あふれる蓼科での体験学習

3年 植物のつくり
昆虫のつくり
4年 月と星、春の高原の特徴
5年 流水のはたらき、高原の気候
植物の成長
6年 林の中の植物

社会科

学習成果を最大限引き出せるよう、ICTを活用し、多方面から事象にアプローチしていきます。蓼科学習や社会科見学などの体験学習を多く取り入れて学習内容の理解を深めます。新たに発見したことや疑問に思ったことを自ら追究し、解決していく力を育てます。

社会科

社会科見学

3年 雑司ヶ谷鬼子母神
池袋防災館・池袋消防署
4年 水道キャラバン
豊島清掃工場
5年 日産自動車追浜工場
6年 国会議事堂
最高裁判所

水泳

昇降式の温水プールで、1・2年生は4月~12月まで週1時間、3年生からは年間週1時間の授業をクラス単位で実施し、体力の向上を図ります。学外のスイミング教室に通わなくても充分な泳力がつき、学期毎の検定で泳力を確認しながら、6年間で4泳法の習得を目指します。

水泳

水泳専門講師、監視員、担任が学年毎の達成目標に基づき、児童一人ひとりに合った指導で技術面の向上を目指します。水に慣れ親しむために水中運動会を開催したり、記録会を定期的に行い、自己の泳力を確認したり、モチベーションを高めていきます。設備面においては、採暖室として完備されたサウナルームを使用して健康面にも十分配慮しています。充実した環境のもと、6年間の成果は目を見張るものがあります。また、夏休みには「プール開放」を行い、積極的に水泳に親しむ機会を設けています。

水泳種目目標

1年生 板キック5m(顔上げ)
2年生 面かぶりクロール7m(板無、両手)
3年生 両手クロール12.5m(板有)、背泳ぎキック12.5m
4年生 クロール12.5m(左右呼吸)、背泳ぎ12.5m
5年生 クロール25m(左右呼吸)、背泳ぎ25m、平泳ぎキック25m(顔上げ)
6年生 クロール50m、背泳ぎ50m、平泳ぎ50m、プラスαバタフライ12.5m

情報

子ども達を取り巻く環境の変化は大きく、急速に情報化社会が進んでいます。このような状況の中、児童にインターネットやスマートフォンを使う上での、「情報の本質」、「言葉の影響力」を教えることが重要であると捉え、カリキュラムを組んでいます。また早くから情報ツールをより上手に使いこなすことにより、やりたい意欲を他教科の学びにつなげていきます。

情報

情報活用の実践力を育む

1年生からタブレット端末を使用して、学習ツールとして使いこなす基本的なスキルを培います。必要な情報を収集、取捨選択し、自らの考えを組み立てながらわかりやすい表現を工夫し、プレゼンテーションを通して自ら主体的に発信する力を養います

情報モラル

各教科でのICTを効果的に活用していることに加え、「情報モラル」を身につけることの重要性も学びます。
コンピューターやネットワーク、デジタル機器に囲まれた生活を送る現代、情報社会を健全に柔軟に生き抜くために必要な知識を学んでいきます。

小学校教科配当時間表

小学校教科配当時間表はPDFからご覧いただけます。